長良とっしの釣りブログ

渓流・本流ルアー。主に長良川水系でのサツキマス、アマゴ、イワナ釣行記。釣り方、タックル、道具について自身の経験をもとに紹介。ハンドメイドバルサミノー製作記。

スポンサーリンク

21カーディフAX S62SULインプレ

私は自然渓流が禁漁期になる10月~2月にかけて数回管理釣り場に行き、エリアトラウトフィッシングを楽しみます。
釣行回数は多い方ではありません。そのためエリア用ロッドは持っておらず、自然渓流用のライトクラスのロッドを使用していました。
しかし、自然渓流用ライトクラスのロッドでは2g以下の軽いルアーのキャストがしにくかったり、ロッドが硬いためバラシやすかったりと、不満が一杯でした。
そんな不満を解消をするために、以前からエリア用のロッドを探していました。
私の場合は釣行数も多くないので、いろんなロッドを揃えるのではなく一本でなるべく幅広く対応できる万能管釣りロッドを探していました。
そんな時にシマノからリニューアルして発売されたのが21カーディフAXです。
その中でも、もっとも汎用性が高いバーサタイルモデル「21カーディフAX S62SUL」を購入し、エリアトラウトを実釣してみましたので紹介します。

f:id:nagaratossi:20211017125352j:plain
21カーディフS62SULと19ヴァンキッシュC2000SHG

タックルについて

ロッドの使用感はリールやラインの種類によっても変わってきますので、
まず私の使用するタックルについて紹介します。

カーディフAX S62SULのスペック

ロッド長さ:6フィート2インチ(約1m88センチ)
自重:67g
適合ルアーウェイト:0.5g~4.5g
適合ラインウェイト:ナイロン1.5lb~4.0lb
適合ラインウェイト:PE0.2~0.6
アクション:レギュラーテーパー

リール:ヴァンキッシュC2000SHG

2000の前にCが付いているのでボディは1000番になります。
スプールは2000S ですので2000番のシャロースプールで、4LBのナイロンラインが100m巻ける管釣りにちょうど良いサイズです。
ギア比はもちろんHGハイギアです。
ハイギアは感度が良いのでラインからの振動を感じやすいのが特徴です。

ライン:VARIVAS ナイロンライン トラウトエリア マスターリミテッド150m 0.7号 4lb ナチュラル

私が使用したラインはバリバス4LBナイロンラインの太さは通常1.0号ですが、このラインは0.7号ですので細糸仕様のナイロンラインになります。
細すぎないのでトラブルが起きにくい太さで、強度もあるため、初心者にもおすすめのラインです。
ちなみに、半分の75mにセンターマーキングが付いているので、2回に分けて使うことができて便利でお得です。

使用ルアー

0.8g~3.5gのスプーン
2g~4gのクランク

f:id:nagaratossi:20211010073634j:plain
2021管釣りタックル

カーディフAX S62SULの使用感

フィールド

今回は美濃フィッシングエリアのポンドで実釣しました。
幅20m長さ50mの細長いフィールドです。
7時のオープンから6時間くらいの釣行でした。

f:id:nagaratossi:20211017125415j:plain
奥に向かって50m,幅20m

キャスティング

私がよく使う1.5g~4.0gのルアーはストレスなく飛ばせました。
一番飛ばしやすいのは1.5g~3.0gくらいで、25m~30mは飛ばせてました。
ティップからベリーにかけては、柔らかいけど適度なハリがあり、バットにはしっかりと強度が持たせてあるので、ルアーの重さをロッドに乗せやすかったです。ハリのある柔らかさなのでキャスト時にラインをリリース(離す)するタイミングも覚えやすかったです。
柔らかいだけのダルダルロッドだとキャストが安定しません。
0.8gのスプーンをうまくキャストするにはコツが必要でした。うまく飛ばせても15m飛ばせなかったと思います。
基本的には1.5g~3.0gのルアーに適していると感じました。

ルアーの操作性

スプーンのただ巻きには何のストレスも感じませんでいた。
クランクのただ巻きに関してもストレスを感じませんでいた。
ただ巻きに関してはルアーの振動で穂先が揺れてくれるので、ルアーがどんな動きをしているのか読み取りやすかったです。
ルアーに連続した早いアクションを加え続けるのには向いてないと思います。もう少し先調子のスペックを選んだほうが良いでしょう。ただ、時間が経ちロッドの扱いに慣れてくると、ある程度思うようにルアーを操れました。

バイトの乗り

しなやかなソフチューブトップのおかげでしょうか、ロッドに伝わるようなバイトはほぼ自然に乗せることができました。
ラインであたりをとるなんて芸当が出来ない私にとって、実にありがたい性能です。
午前中の5時間でただ巻き中のバイトは10回くらいありましたが、乗せ損ねたのは1回だけでした。

f:id:nagaratossi:20211017125116j:plain
30センチ前後のニジマス

バラシにくさ

乗せた魚に関しては9割以上ランディングできました。
6時間の実釣中でバラしたのは13本中1本だけです。
ばらしにくい要因はロッドだけではないと思いますが、以前の渓流用ライトロッドの時は3割近くばらしていたのでその差は歴然です。

魚とのやりとり

今回のアベレージサイズは25センチ~30センチのニジマスでしたが、比較的小型のニジマスでもキレイなベンディングカーブを描いてくれました。
40㎝オーバーの太いニジマスともファイトしましたが、危なげなくランディングすることができました。
魚が急に走ってもティップ、ベリー、バットにかけて、ロッド全体が滑らかに魚の動きに追従して曲がってくれていました。

f:id:nagaratossi:20211017125325j:plain
40オーバーのニジマス

ランディング

カーディフAX S62SULはランディングしやすいロッドでした。
何故、ランディングしやすかったか説明する前に

まず、ランディングしずらいロッドについて説明します。
ロッドが長くて硬いほどランディングは難しくなります。ロッドが長くて硬いと何故ランディングが難しくなるかというと、魚を近くに寄せずらいからです。
長いと単純に穂先が遠くなるので魚を寄せにくくなります。
ロッドが硬いと曲がらないので魚が遠くなり、魚を近づけようとしてロッドを引かずに立ててしまいます、そうすると魚がバレやすくなります。

カーディフAX S62SULは長すぎないレングス6フィート2インチ(188センチ)であること、
そしてアクションはレギュラーテーパー、強度はSULクラスなので適度に曲がりやすいためランディングしやすいロッドなのです。

ランディング直前でのバラシが多いのがトラウトフィッシングですが、今回ランディング直前でのバラシは0回でした。

さいごに

エリアトラウト用ロッドに汎用性の高いモデルをお探しの方には、ぜひおススメのロッドです。
カーディフAX S62SULで悔いの残らないロッド選びと釣行を演出してみてはいかがでしょうか。

f:id:nagaratossi:20211010073757j:plain
高級木目調リールシートが印象的

↓おススメ記事↓
塩をすり込んだ写真を追加しました。
www.nagaratossi.com
www.nagaratossi.com
↓当ブログ人気記事↓
www.nagaratossi.com
www.nagaratossi.com
www.nagaratossi.com


にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
にほんブログ村

スポンサーリンク