長良とっしの釣りブログ

渓流・本流ルアー。主に長良川水系でのサツキマス、アマゴ、イワナ釣行記。釣り方、タックル、道具について自身の経験をもとに紹介。ハンドメイドバルサミノー製作記。

ウェーディングシューズのソールはフェルトかラバーどっちがいいのか経験をもとに徹底解説!

渓流で使用するウェーディングシューズのソールはフェルトかラバーどっちがいいのか?

以前はものすごく悩んだ議題ですが、今は迷いなく断言出来ます。フェルトがオススメです。

ただし、フェルトもラバーも長所と短所がありますので自分のフィールドに合ったソールを選ぶ事が大切です。

この記事ではシムスのガイドブーツをラバーソール(ビブラムソール)で購入して2シーズン履き、その後自分でフェルトに張り替えフェルトを7シーズン以上履き続けている私自身の経験をもとに比較をします。

もし、今フェルトかラバーか迷っている方は是非この記事を参考にしてください。

それぞれのメリット・デメリット

フェルトソール

フェルトソールのメリット

・濡れた石類で滑りにくい
・水中の藻(も)に滑りにくい
・濡れた丸太で滑りにくい
・自分で張り替え可能

フェルトソールのデメリット

・草斜面で滑りやすい
・土斜面で滑りやすい
・地面に積もった枯葉で滑りやすい
・藻や泥で目詰まりすると滑りやすい
・砂が底面に付着しやすく、落とさないと滑りやすい
・雪上を歩くと雪がたくさんくっついてくる
・寒いとフェルトに吸収した水が凍って危ない

フェルトソールの手入れ

・フェルトは使用後に目に詰まった泥や藻を毎回除去すると高いグリップを維持できる
・釣行中もソールの泥、砂の除去を心掛ければ高いグリップを保ったまま安全な塑行が出来る

フェルトソールについての特筆

・フェルトの洗浄は水道用ホースノズルのストレートで茶色い水が出なくなるまで流せば充分です。こまめに洗浄して目詰まりを防げば、多少すり減っていてもグリップ力は長持ちします。
下のソールはまだ使用可能です。滑りやすくなったら早めに交換しましょう。私の場合はシーズン月に2回8時間づつ使用で3年が目安です。
1シーズン使用したシムスの純正フェルトソール↓

3シーズン使用後に張り替えたフェルトソール↓
フェルトソールは販売店で交換してもらうことも自分で交換することも可能です。↓

ラバーソール

ラバーソールのメリット

・乾いたコンクリート面で高いグリップ力がある
・乾いた岩、角張った岩で高いグリップ力がある
・斜面の草で滑りにくい
・土斜面で滑りにくい

ラバーソールのデメリット

・濡れた石、岩で滑りやすい
・水中の藻(も)に滑りやすい
・濡れた丸太で滑りやすい
・自分で張り替え不能

ラバーソールのメンテナンス

・使用後に泥や藻を洗浄する

ラバーソールについての特筆

・よく、「ラバーはフェルトよりすり減りにくい」という記事を見かけますがラバーもしっかり擦り減ります。
見た目は分かりにくいですが小さな各突起の角が丸くなります。
擦り減るとラバーソールのメリットである乾いた面でのグリップ力も失われます。
・滑り止めでシムス純正のピンを設置したこともありましたが、点で支えることになるので滑るときは一気に滑るので注意が必要です。

まとめ

ウェーディングシューズのソールはフェルトかラバーかどっちがいいのか?

・濡れたフィールドが主体であれば迷わずフェルトソールでしょう。
・陸上の歩きがメインでも、高巻きもなく斜面も少なめで入渓後のリスクが高いと判断すればフェルトです。
・陸上の歩きがメインで高巻きが多く草の斜面が多い場合は入水後のリスクと陸上でのリスクを天秤に掛ける必要があります。
・いずれにしても自分のフィールドを安全に歩けるソール選びが肝心です。
・安直に「入渓までの徒歩が長い場合はラバーが良い」という記事をよく見かけますが、「徒歩が長い」というだけでラバーを選ぶのは大きな間違いです。入渓前(陸上)に危険が多いのか、入渓後に危険が多いのか?という観点でソール選びをするようにしてください。
・「どっちが長持ちするか?」という観点でソール選びするのも危険です。どちらも、すり減れば滑りやすくなります。

私はフェルトを選びます。

結局のところソール選びは
その日、その時の釣行にマッチしたソールを選ぶという事になります。
私の釣行の大部分は、水辺になります。
また入渓までの徒歩の時間が長い日でも
水辺での「滑り→転倒」のリスクが一番高いと感じています。

そのため、フェルトかラバーどちらかを選ぶのであれば
フェルトを選びます

迷っている方にも
フェルトをオススメします。

その証拠に2011年に購入したG3ガイドブーツは当初ビブラム(ラバー)でしたが、
試行錯誤して、自分でフェルトに張り替えました。
関連記事はこちらをご覧ください。
↓タイトルか写真をクリック↓
www.nagaratossi.com

オススメのウェーディングシューズ

私は初めに買ったシムスのG3ガイドブーツを7年間愛用しました。
シーズン中は月に2回8時間づつは使用していましたので、ものすごく長持ちしました。
シムスSIMMSの製品はプロの釣りガイドが愛用するだけあって、
ハンパない耐久力と防御力を持っています。
G3ガイトブーツに覆われた部分を負傷したことは7シーズンで一度もありませんでした。
くるぶしは勿論、とにかく足全体を外傷から防いでくれました。
また、足首のフォールドも快適でありながらしっかりとしていて、足をくじいたこともありませんでした。
↓耐久力と防御力についての記事になります。タイトルか写真をクリック↓
www.nagaratossi.com
ちなみにG3ガイドブーツはモデルチェンジしています。
もちろんおすすめはフェルトソールです。

無敵のG3ガイドブーツでしたが、
7シーズンもの間、酷使してさすがにくたびれてきましたので、
昨シーズン(2018年)にシムスのヘッドウォータープロのフェルトソールを購入しました。
G3ガイドブーツの強靭性には敵わないと思いますが、ホールド感と防御力は抜群です。
SIMMSのブーツは2018年くらいにモデルチェンジして、サイズ感がややゆったり目になったように感じます。
サイズ感についての記事もありますので、良かったらご覧ください。
↓タイトルか写真をクリック↓
www.nagaratossi.com
私が現在使用中(2018年~)のヘッドウォーター、脱着がスムーズなBoa仕様↓

↓当ブログの人気記事紹介↓
太字タイトル部分か写真をクリックすると各記事またはカテゴリーに移動できます。
自身の経験をもとに内容の役立つ記事作りを意識しております。良かったら、少し覘いてみてください(^^)/
www.nagaratossi.com
www.nagaratossi.com
www.nagaratossi.com
https://www.nagaratossi.com/entry/2022/01/03/220810www.nagaratossi.com
www.nagaratossi.com
www.nagaratossi.com
www.nagaratossi.com

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
にほんブログ村

スポンサーリンク