長良とっしの釣りブログ

渓流・本流ルアー。主に長良川水系でのサツキマス、アマゴ、イワナ釣行記。釣り方、タックル、道具について自身の経験をもとに紹介。ハンドメイドバルサミノー製作記。

2019年7月7日郡上、吉田川本流で尺アマゴを狙う

スポンサーリンク

今年2019年の梅雨は梅雨らしい梅雨です。岐阜県内ではこのところ晴れた日はなく、長良川も常に増水気味です。
わたしは今年、まだ郡上市内で良型アマゴに出会えていません。吉田川には度々出掛けていますが7寸程度のアマゴがチラホラといったところです。
今日の吉田川も増水気味なので、大物狙いには良い雰囲気です。今日は10時から3時までの限られてた時間内での釣行なので、実績の高いポイントに入り様子を見ることにしました。
本日は口名宝地区のとある橋からスタートしました。
増水気味なのでアマゴの付き場はいつもより下流になるはずです。いつもなら流れが弱くてルアーをキャストすらしないしないポイントが良い流速になっています。
数回のキャストでチビアマゴが複数反応してきます。下手に掛けるとフックで死んでしまったりするので、掛からないようにします。
その後、チビ達がたまっているところよりも上流の太くて早い流れに流芯63HWを投じます。
アップに投げて対岸をなめるように流下させてきます。アクションはもちろん連続トゥイッチです。ルアーが近づくにつれ何やら素早く動く大きな影が見えてきます。狂ったようにルアーにジャレついてきます。ルアーがターンしてダウンになるとさらに激しくじゃれてきました。目の前でルアーを滞留させて粘り強く誘いますが掛かりません。尺に迫る色白アマゴです。なかなか見れないコンディションに久々に胸がドキドキしました。
次はルアーのサイズを落として50mmを再度投じます。今度は直ぐに見切られました。単調なトゥイッチではなく強弱を付けたのが裏目に出たようです。
その次は単調なトゥイッチでトライです。アマゴが追ってきますが少しサイズダウンです。そして、目前で見切られました。
最初の良型アマゴはルアーがターンしてダウンになってから、よりいっそうルアーに近付いて来ました。そのため、次は着水点は同じでリーリングスピードを落としてターンの位置を少し下流にしてダウンでの食わせの時間を長くすることにしました。まずルアーを着水させます。巻きスピード遅めでトゥイッチは小刻みに単調に魚を誘います。するとアマゴの影が現れました。ルアーを下流でターンさせて、じれったいほどに小刻みにトゥイッチしました。すると、ようやくロッドに重みが伝わりました。残念ながら最初にチェイスしてきた良型アマゴよりも2まわりくらい小さなアマゴ君との出会いでした。
サイズは20㎝ないくらいでしたが、とてもキレイなアマゴでした。
f:id:nagaratossi:20190709221914j:plain
その後もチビちゃんたちはたくさん釣れました↓
まさに宝石ですね。
f:id:nagaratossi:20190709222128j:plain
慢性的な増水のため水色はクリアでしたが、平水なら渡ることも可能な瀬がこんな状態でした↓
f:id:nagaratossi:20190709222412j:plain
今日は惜しい思いをしたので、色々と勉強になりました……当然、ポイントや水量によっても違うと思いますが。
勉強1.見切られやすいルアーアクション。
勉強2.アマゴのテンションが上がるルアーアクション。
次に活かして、なんとか今シーズン中に25㎝以上の色白美アマゴに出会いたいです。(あれっ、目標が少しサイズダウンしたのは気のせいでしょうか?)

使用タックル
ベスト  パズデザインFTGストリームベストIIオリーブ
ロッド  テンリュウジュビア76ML(生産終了)
リール  シマノレアニウム2500s
ライン  シマノPEライン ピットブル 8本編み150m0.6号14.5lb
リーダー ショックリーダー バリバス トラウト フロロカーボン30m2号8lb(結びはオルブライトノットでリーダーは約150cm)
ランディングネット アトリエヴェリテS260オーダー品

スポンサーリンク



にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
にほんブログ村