長良とっしの釣りブログ

渓流・本流ルアー。主に長良川水系でのサツキマス、アマゴ、イワナ釣行記。釣り方、タックル、ルアー、道具、ウェアについて自身の経験をもとに紹介。ハンドメイドバルサミノー製作記。

サクラマスに初挑戦~準備編7~

サクラマス用のラインとリーダーを準備したので紹介します。
f:id:nagaratossi:20220319142137j:plain

ライン

わたしはシマノPEライン ピットブル 8本編み 200m 1.0号を選びました。

強度について

サクラマスは60㎝くらいのトラウトです。
ファイトに関しては12LB以上で十分ですが、
10g~25gくらいのルアーを使おうとしているので、キャスト時の破断を確実に防ぐためには、20LB以上の強度が欲しいところです。

素材について

ナイロンかPEの2択になると思います。

ナイロンを選んだ場合

ナイロンは伸縮性がありトラウトの俊敏な動きを吸収してバラシを減らすメリットがあります。

しかし
ナイロンを選ぶ場合、20LBのラインの太さは5号(直径0.37mm)になります。
太すぎてルアーが飛ばせず現実的ではありません。

サクラマスをルアーで狙う場合の一般的なナイロンラインは10~12LBとなりますが、
15g以上のルアーをキャストを繰り返す場合に破断の恐れが高まるのと、それでもラインの太さは2.5号~3.0号(0.26~0.29mm)となり、重いルアーの遠投が必要なフィールドには向いていません。

PEを選んだ理由

PEの利点は他の材質のラインに比べ、同じ強度なら細くて表面も滑らかなので飛距離が出せる事、視認性が良いことですが... その反面 弱点もあります。 ①耐磨耗性が低く、②急な衝撃に弱く、③結束強度も弱いためスナップへの直接結束に向いていません。そのため、その先には8~12lbのナイロンまたはフロロカーボンのリーダーを結ぶ必要があります。

PEなら22.4LBの1.0号を選んだとしてもナイロンの12LBライン3.0号の約半分の太さとなりますので、ルアーの飛距離が格段に稼げます。

九頭竜川は川幅が広く、重いルアーを遠くに飛ばすフィールドだと思いますので、PEを選びました。
選んだラインはこちらになります↓

リーダー

わたしはヤマトヨ耐摩耗 ショックリーダー ナイロン 20m 5号 20lb クリアを選びました。

強度について

サクラマスはアベレージ60㎝の大型トラウト
しかも川の流れの中で力強く抵抗する魚です。
テトラ、その他の水中障害物でラインが根ズレし傷つく可能性が高いので、十分な強度20LBを選びました。

太いラインで魚に見切られるという話もありますが、
サクラマスはエリアトラウトのように何百何千回とルアーやラインを見ている魚ではありませんので、ラインの太さに驚いてバイトを躊躇することはないと考えています。

せっかく掛けたサクラマスを確実にランディングするためには十分な強度のリーダーを選ぶのが得策です。

素材について

フロロカーボンかナイロンかの2択になると思います。
・フロロは摩耗に強いが伸縮性がなくゴワゴワしている
・ナイロンは摩耗に弱いが伸縮性があるためクッション性がありしなやか
そのため、
根ズレ摩耗の可能性が無いようなフィールドなら通常のナイロンを選びますが、
根ズレ摩耗の可能があるフィールドならばフロロを選ぶのが基本です。

九頭竜のサクラマスは根ズレ摩耗の可能性が高いフィールドなので、フロロを選ぼうと思いましたが、

耐摩耗度の高いという欲張りなナイロンラインが山豊から発売されていたので、サクラマスにはこれを使うことにしました。
選んだラインはこちらになります↓

遠征計画

さ~
いよいよ
サクラマス初挑戦に向けての準備もほほ完了です。

あとは遠征の計画を立て、
九頭竜川に行くだけです。

感染症予防のために2年間遠征や旅行には行っていませんでしたが、
感染対策について真面目に対策を考え遠征釣行をしたいと思います。

旅行をしないと...
ホテルが埋まらない、土産が売れない、地域の特産品、工芸品が売れない
という状態になり、地域経済の停滞だけでなく地域の伝統工芸や伝統文化などの衰退や消滅も助長してしまいます。
それは少しでも食い止めたいので
感染予防に留意して岐阜県から福井県への遠征計画を練りたいと思います。

DVD紹介

釣れる確率の低い魚ですので、
挑戦するタイミングや挑戦するポイントについてまだまだ研究が必要で、ヒマさえあればユーチューブやDVDを見て勉強中です。

DVDはバスディDVD激闘サクラマスIVを見ています。
激闘サクラマスIVは数多くのサクラマスヒットシーンを収録したDVDです。
最初の1本を釣りあげるまでに10年かかることもあるというサクラマスですが、
このDVDを見ていると釣れそうな気がしてきます。
もちろんバスディのルアーを使ってのヒットとなっておりますので、ルアー選びとルアー操作法の参考になるかと思います。

当ブログおすすめ記事紹介

太字タイトル部分か写真をクリックすると各記事またはカテゴリーに移動できます。
自身の経験をもとに内容の役立つ記事作りを意識しております。良かったら、少し覘いてみてください(^^)/
↓タイトルか写真をクリック↓
www.nagaratossi.com
www.nagaratossi.com
www.nagaratossi.com
www.nagaratossi.com
www.nagaratossi.com
www.nagaratossi.com
www.nagaratossi.com
www.nagaratossi.com

お知らせ

「はてなブログ」に登録(無料)してこのブログの「読者になる」と最新記事を指定のメールアドレスへお知らせできます。
更新頻度は月に数回程度ですが「濃い内容」を意識した情報発信を心掛けています。
興味のある方は下の「読者になる」ボタンからぜひどうぞ。

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
にほんブログ村

スポンサーリンク