長良とっしの釣りブログ

渓流・本流ルアー。主に長良川水系でのサツキマス、アマゴ、イワナ釣行記。釣り方、タックル、道具について自身の経験をもとに紹介。ハンドメイドバルサミノー製作記。

スポンサーリンク

2021年長良川上流の本流アマゴ

4月3日。
時期的に少し早い気もしましたが、
今年は例年より春の訪れが速いので長良川の本流アマゴを狙ってみることにしました。
桜の開花も1週間以上早く、郡上市内の桜も散り始めていました。

f:id:nagaratossi:20210404060348j:plain
写真:タンポポと散った桜の葉 

釣りを始めたのは10時頃。
郡上八幡から白鳥町にかけて長良川本流でアマゴを探して行きました。

準備を整え川へ入ると水温は12.5度。
先週の10時頃は11度くらいだったのに、暖かい日が続いたためか1.5度も上がっていました。
今日はルアーを追ってくれそうです。

5センチ程度のミノーとスプーンを使って各ポイントを探っていきます。
期待通り魚の反応があります。
スプーンを少し沈めてドリフトすると深みから追いかけてくる影が見えました。
流れからスプーンが抜ける手前で喰いついてくれたのは20㎝程度のアマゴでした。
今シーズンのファーストフィッシュです。

f:id:nagaratossi:20210404135237j:plain
スプーン反応した本流アマゴ

その後もう一本追加し、最初のポイントで1時間程度で2本のアマゴに出会う事ができました。

正午ころ
メジャーで入りやすいポイントが空いていたので入ってみます。
エサの流下が増えたのでしょう。
所々でライズが見られます。
ライズのある時は表層にルアーをゆっくり通します。
バイトが数回ありましたが乗りません。
しばらく釣り下り大きな石が沈んだ場所で、ようやくのせる事ができたのは天然ぽい本流アマゴでした。

f:id:nagaratossi:20210404135639j:plain
天然ぽい本流アマゴ

水深の浅いポイントでも反応があります。
手前まで追いかけてきて、喰いついたのはまたしても20センチ程度のアマゴ

f:id:nagaratossi:20210404060236j:plain
水深の浅いポイントで喰いついたアマゴ

今日出会ったのは、20㎝程度な小振りなアマゴちゃん達でした。
無事に生き抜いてくれれば、
来月・再来月には大きくなり、今度出会う時にはロッドをバットまでしっかり曲げてくれることでしょう。
そんな期待を込めながらアマゴ達をリリースしました。
魚のサイズが小さいので本流でのルアー釣りは少し早かったかも知れません。

さて今日のタックルは冬の間にサツキマス用に買い替えたタックルになります。
ただしリーダーは、いつもの12lbではなく8lbを使用しました。

ここから1日使ってみた感想です。
今日は5g前後のスプーンとミノーを中心に郡上市内の長良川本流で使ってみました。
リールの巻き数で計った飛距離は40m程度。
重いルアーならもっと飛ばせます。
ルアーのキャストと操作に関しては郡上八幡~白鳥下流付近まで対応できそうでした。

あとは魚のサイズに対してオーバースペックかなと心配していましたが、20㎝程度のアマゴとのやりとりも竿を曲げて引きを楽しむ事ができ、少し安心しました。
サツキマス用のタックルに関しては別の記事(下のアイコン)で紹介していますので良かったらご覧ください。
↓当ブログ人気記事。写真をクリック↓
www.nagaratossi.com
www.nagaratossi.com
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
にほんブログ村

スポンサーリンク