長良とっしの釣りブログ

渓流・本流ルアー。主に長良川水系でのサツキマス、アマゴ、イワナ釣行記。釣り方、タックル、道具について自身の経験をもとに紹介。ハンドメイドバルサミノー製作記。

スポンサーリンク

2020年3月20日「早春の渓。谷アマゴとの出会い」

2020年3月20日(金)長良川へ春の本流アマゴを探しに行きました。
今年の春は、暖冬の延長で例年より暖かい春です。
ですが、この日は不運にも寒の戻り。
郡上市の天気予報では雷注意報が出ていましたが基本は曇りの予報でした。なのに冷たい雨が3時頃まで降りました。
f:id:nagaratossi:20200322114320j:plain
12時頃に晴れ間が出たので、大和地域の長良川本流で少しルアーを投げてみました。
やり始めてみたものの、すぐに晴れ間は消え雨は降り始めるし、強い北風が吹いてきます。気温も7℃くらい。
春の本流アマゴに憧れて、郡上大和の長良川本流まで来ましたが、さすがに心が折れてしまいました。
そこで風の弱そうな支流へ行くことにしました。
本流アマゴはあきらめて、ここからは谷アマゴを狙いです。
大和付近の支流へ車を走らせると、わずかな距離でも所々釣り師の姿が見えました。
本流で釣りをする人は八幡地区から白鳥地区まで数人しかいませんでしたが、支流には多くの釣り人。
考えることはみんな一緒なのか、そもそも本流釣りにはまだ時期が早いのかも知れません。
始めての支流でしたが竿抜けしてそうな、ポイントを探して入渓しました。
小雨が降っていましたが、13時頃で虫のハッチの時間に重なったためか、多くのライズが見られました。
ミノーに反応するアマゴも多く、多数のチェイスを楽しむことが出来ました。
なかなかヒットまで持ち込めませんでしたが、Uターン後のミノーのトゥイッチングに、ようやくチビアマゴが食いついてくれました。
f:id:nagaratossi:20200322131404j:plain
今年の初アマゴです。
キレイな天然アマゴに、サイズに関係なく幸せを感じました。
わりと春色の個体ですね。
最初の支流ではこの一本だけでした。

2本目の支流ではチェイスは少ないものの、3本のサビアマゴに出会うことが出来ました。
吉田川の支流でしたが、この川のアマゴはまだ春色をしてませんでした。
薄暗いポイントでのヒットだったことも関係あるかも知れませんがサビの残る天然アマゴでした。
f:id:nagaratossi:20200322120056j:plain
今回からコスパの高いダイワのシルバークリークミノーを使ってみたのですが、ものすごい使いやすいミノーでした。
良く飛び、良く沈み、良く泳ぎ、アクションさせやすい。
そして、安い。
さすが大企業ですね。
今シーズンの渓流ルアーケース、レギュラー確定です。

雨上がりの短い時間でしたが、静かな小渓流で幸せなひとときを過ごすことが出来ました。
次回は長良川本流のアマゴと、もう少し大きな谷アマゴを狙おうかな。
タックル紹介
ロッド:アングロカンパニーパラゴン523
リール:シマノ19ヴァンキッシュC2000SHG(使用感についての記事はこちらをクリック)
ライン:バリバス トゥイッチマスター5lb
ルアー:ダイワシルバークリークミノー
↓当ブログ人気カテゴリ↓
2019年長良川サツキマス
サツキマスの釣り方
サツキマスルアー
サツキマスタックル
↓当ブログ人気記事↓
www.nagaratossi.com
www.nagaratossi.com
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
にほんブログ村

スポンサーリンク