長良とっしの釣りブログ

渓流・本流ルアー。主に長良川水系でのサツキマス、アマゴ、イワナ釣行記。釣り方、タックル、道具について自身の経験をもとに紹介。ハンドメイドバルサミノー製作記。

スポンサーリンク

管釣り遊び①「美濃フィッシングエリア ポンド編」2019年11月3日

今回は岐阜県美濃市の管理釣り場「美濃フィッシングエリア」で管釣り遊びをしてきました。

美濃フィッシングエリアにはポンド池とストリームがあります。
この日はポンドメインでストリームはほんの僅かだけ挑戦しました。

どちらも釣果はありましたが、今回はポンド池について紹介します。ストリームは次回紹介します。

早朝6時45分頃に受付を済ませ、車で準備、7時になると管理人さんからの「どうぞ始めてください」の合図がかかりました。
朝一番からスタートのお客さんはルアーマンは私一人とフライマンが一人の合計2人。フライマンはストリームに行きました。
つまりポンド池に向かったのは私一人だけ。
透明度の高い水とキレイな景観が魅力のポンド池を30分くらい独り占めしちゃいました。

↓写真↓向かって右がインレットで浅くなってます。
f:id:nagaratossi:20191106212046j:plain
↓写真↓向かって左がアウトレットで一番深くなってます。写真右の大石付近から深くなってます。
f:id:nagaratossi:20191106212015j:plain

いよいよ実釣開始です。
僕は渓流ルアーマンなので迷わず流れのあるインレット付近を独り占めしました。

最初に言っておきますが実は私。管理釣り場に来るのは2年振りです。

しかも、今まで数回行ったことはありますが、たくさん釣れたことはありませんでした。
他の人が釣れてるのをうらまやしそうに見る側がほとんどでした。

はたして今日は何匹釣れるのでしょうか?不安を感じながらのスタートです。

最初はオーソドックスな2gくらいのダイワのスプーンを銀→金→カーキ→グレーとカラーローテしながら表層を巻いてみましたが反応がありませんでした。

広いポンドを独り占めしているのに反応なしです。

魚は下写真のように浮いている感じなので表層が狙い目ということは感じていましたが、スプーンへの反応がイマイチです。
f:id:nagaratossi:20191106214935j:plain

そこで、今日のために買っておいたプラグの出番です。

買っておいたのは株式会社デュオのクーガとクーガシンキングです。
↓写真↓左がシンキング
f:id:nagaratossi:20191106215007j:plain

とりあえず、フローティングを投げます。適当に巻いていたらすぐに2匹くらい釣れました。
f:id:nagaratossi:20191106212110j:plain
すぐに反応がなくなったので、シンキングに変えてみます。シンキングのパッケージには「表層攻略に絶大な威力を発揮します」とあります。
シンキングは沈めて使う物だと思っていましたが、パッケージの言うとおりに表層を引いてみることにしました。

クーガのシンキングを投げて、着水と同時に巻き始めます。

するとしばらく連続ヒットが続きました。
ヒレのキレイな個体も釣れました。
f:id:nagaratossi:20191106212208j:plain
体色もキレイで良い感じのリリース写真も撮れました。
f:id:nagaratossi:20191106214725j:plain
アベレージサイズは30センチ前後。たまに30センチ後半。50センチくらいの個体も数匹泳いでいました。
今日はニジマスしか居ませんでしたが、時期によってはイワナなども居るようです。
朝一は独り占めしていたポンドも次々と人が入り、午後からはルアーマン、フライマン半々くらいで20人弱のお客さんで賑わっていました。

7時のオープンから15時まで、今回の釣果はほとんどクーガとクーガシンキングによるものでした。
投げる方向を変えたり。
立ち位置を変えたり。
巻くスピードを変えてみたり。
シンキングを沈めてみたり。
フローティングを放置してみたり。

6時間くらいの実釣で20匹以上のニジマスをキャッチすることができました。
バラシも入れると30匹以上。
私にしては上出来の爆釣の一日となりました。

色々試すと釣れるというのが少しわかってきたかも知れません。管釣りに対しての苦手意識が随分減りました。

12月に息子と同行予定なので今回のように爆釣してカッコいいところを見せたいところです。

タックルに関してはロッドはもちろんエリア用ではなく渓流パックロッドです。
ほんとはエリア用が欲しいのですが予算不足です。
リールは渓流用のヴァンキッシュにエリア用のライン150mのうち半分の75mを巻きなおしました。
渓流シーズンはネイティブトラウトにこだわって釣りを楽しんでいますが、オフシーズンの管釣りでの放流魚釣りも楽しいです。
是非、また行きたいです。


使用タックル
ロッド:テンリュウ クレイドル UL50
リール:シマノ19ヴァンキッシュC2000SHG(使用感についての記事はこちらをクリック)
ライン:VARIVAS ナイロンライン トラウトエリア マスターリミテッド150m 0.7号 4lb ナチュラル
ルアー:クーガ、クーガシンキング、各種スプーン
f:id:nagaratossi:20191106214952j:plain
↓オススメ記事↓
www.nagaratossi.com

↓オススメ記事↓
www.nagaratossi.com

スポンサーリンク



にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
にほんブログ村

スポンサーリンク