長良とっしの釣りブログ

渓流・本流ルアー。主に長良川水系でのサツキマス、アマゴ、イワナ釣行記。釣り方、タックル、道具について自身の経験をもとに紹介。ハンドメイドバルサミノー製作記。

2019年6月15日吉田川本流のポイント開拓2

スポンサーリンク

急に予定が空いたので、雨の予報でしたが今日も吉田川のポイント開拓第2段に行きました。
雨の影響で簡単にアマゴに会えると思っていましたが、雨は予報とは裏腹に全く降らず、魚の反応もイマイチでした。
川に下りやすいところを数箇所やっても良い反応が得られぬまま、9時になってしまいました。10センチ位のチビ達は度々掛かってくるので、人のプレッシャーにより良型が抜かれてしまっているか大型は警戒して反応が悪いのではないかと感じたので、次は人が入ってなさそうなポイントを探すことにしました。
初納地区のとある橋から良さそうな渓相を見つけたので降りる場所を探します。流れ込み付近には25センチくらいは有りそうなアマゴも見えます。
しかし、なかなか降りれそうな場所が見つかりません。困っていると、近所のかたが散歩で通り掛かりました。挨拶をするとたまたま釣り好きな方だったので釣り話をすることになりました。
吉田川は下りにくそうに見えるところも、地元の人や通い慣れた人は川への下り場所を知っているので大きいのは釣られていて数が少ないと言っていました。ついでにその橋の下への下りかたも教えていただきました。
いざ川へ降り立つと、やはり足跡があります。今日は11時までしか出来ないので移動するほどの時間は有りませんので、このポイントで挑戦します。
居そうなところには10センチくらいのチビしか居ません。こんなのはたくさん釣れました↓。魚の活性は高かったのかも知れません。
f:id:nagaratossi:20190615214115j:plain
橋の上から見たように、流れ込みには良型が着いているはずです。すべてをかけて流れ込みに流芯63を投じてハードトゥイッチで誘います。すると、巻きはじめて直ぐにドンっとロッドが曲がりましたが直ぐに軽くなりました。痛恨のミスです。運が悪かっただけかも知れませんが乗りませんでした。その後、同じ所にルアーを何度か通しましたが、残念ながら2度目は有りませんでした。
気を取り直して遡行を続けますが大場所は10センチくらいのアマゴしか出て来ません。
時計を見るとすでに11時。釣りをしていると、あっという間に時間は過ぎます。
まともなアマゴとの出会いはあきらめかけていましたが、大場所ではなくて、狭くて深くて流れの速い小さなポイントでようやく7寸程度のアマゴに出会うことが出来ました。
f:id:nagaratossi:20190615213954j:plain
f:id:nagaratossi:20190615214029j:plain
2回の釣行でたくさんの新ポイントを開拓したので、今後は状況に合わせて大物を狙っていきたいと思います。
6月2日に郡上鮎が解禁になり、アマゴ釣師達も減りましたのでチャンスはあるはずです。
使用タックル
ベスト  パズデザインFTGストリームベストIIオリーブ
ロッド  テンリュウジュビア76ML(生産終了)
リール  シマノレアニウム2500s
ライン  シマノPEライン ピットブル 8本編み150m0.6号14.5lb
リーダー ショックリーダー バリバス トラウト フロロカーボン30m2号8lb(結びはオルブライトノットでリーダーは約150cm)
ランディングネット アトリエヴェリテS260オーダー品

スポンサーリンク



にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
にほんブログ村