長良とっしの釣りブログ

渓流・本流ルアー。主に長良川水系でのサツキマス、アマゴ、イワナ釣行記。釣り方、タックル、道具について自身の経験をもとに紹介。ハンドメイドバルサミノー製作記。

サツキマスルアー「釣った実績のあるルアーの使い方」紹介編2 チェリーブラッドMD75

スポンサーリンク

私が長年、サツキマス釣りの秘密兵器として隠してきたミノー、スミスチェリーブラッドMD 75を紹介したいと思います。
     

チェリーブラッドMD75スペック

 ウェイト  5.9g
 全長    75mm
 フック   #8
 タイプ   フローティングミディアムディープ
       ミノー
 潜行深度  1.0~1.5m
 重心移動  あり
 遠投性   良い
 沈降速度  フローティング
 速い流れに 普通 
 価格    税込1780円
「4段階評価  例)弱い、普通、強い、かなり強い」

チェリーブラッドMD75の特徴

ミディアムディープなのでリュウキやシュガーSGに比べたら、バランスは崩しやすいですが使用出来る流速域と水深であれば迷わず使用する頼りになるルアーです。

まず、ウェイトが5.9gと軽いわりに良く飛びます。ミディアムディープにしては巻き心地が軽く、長時間巻いても疲れにくいです。アクションはローリングが強めです。連続トゥイッチの必要はなく、定期的にショートピッチのジャークをするだけで釣れます。
水深1.5m以上の深めの瀬を、水面下1m程度で広範囲にスピーディーにサーチするのに適しています。

ミディアムディープなのでピックアップ前に根掛かりしやすいので、ロッドを起こして根掛かりを回避する必要があります。

チェリーブラッドMD75の使い方

浅めの早瀬では、シュガーSG80やリュウキ70Sを使用しますが、釣り下るにつれ水深が増し流速が落ちてきたらチェリーブラッドMD75を使用します。

アップクロスキャストから

残念ながらパソコン故障の為、写真は消滅してしまいましたが、人生初のサツキマスもこの方法で掛けることが出来ました。
この方法で8年間、トータル2本キャッチ、4バラシ、しております。

3年ほど前に、リュウキ70Sに出会ってからは少し出番が減りましたが、チェリーブラッドは連続トゥイッチの必要もなく巻き心地も軽いので疲れたときには特に役に立ちます。

2012年5月下旬のサツキマス↓
f:id:nagaratossi:20181218213818j:plain

f:id:nagaratossi:20181218215753j:plain


流心の向こう側目掛けてアップクロスにキャストします。
着水と同時に潜行させます。
図のトレースラインを目指します。

あとは、バランスの崩れない早さでリーリングを行い、リールハンドルを3回巻いたらショートジャークを1~2回クイックイッとすればオッケーです。

ルアーが理想のトレースラインより下流に流される場合は、着水点を上流側にアップするか、リーリングを速めます。

まとめ

チェリーブラッドMD75はよく飛んで、巻き心地の軽いミディアムディープミノーです。
アップクロスキャストからリーリング+定期的なショートジャークでサツキマスを釣ることの出来るルアーです。
基本的にはシルバー系のカラー、例えばワカサギなどがおすすめです。ただし、濁りが多少でも入った場合はゴールド系カラーも効果的でしょう。
定価が税込1780円と少しお高いですが時々アマゾンで特価品が売られているので要チェックです。

         
にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村