長良とっしの釣りブログ

渓流・本流ルアー。主に長良川水系でのサツキマス、アマゴ、イワナ釣行記。釣り方、タックル、道具について自身の経験をもとに紹介。ハンドメイドバルサミノー製作記。

スポンサーリンク

サツキマスの釣り方「マナー編」

今回は「サツキマス釣りのマナー」について紹介します。マナーを守ると釣果が上がります。今回の内容はぜんぶ大事です。

1.ゴミを捨てない

ゴミは持ち帰りましょう。

2.川原の走行は静かに

近付きすぎないのが一番ですが、車で川辺まで近付く時は、なるべくゆっくり静かにおねがいします。音は空気中よりも水中でのほうが弱りにくく遠くまで伝わる性質があります。しかも速く伝わります。 
その音でサツキマスの機嫌が悪くなっちゃうかも知れませんよ~。
先行者がいる場合は特に注意!魚よりも神経質ですから。

3.川に立ち込む時は静かに

2でも説明しましたが、水中は音が伝わりやすいです。慌てて立ち込んだり移動すると、玉石を動かしてしまいます。魚の警戒心を刺激してしまうと思います。
また、焦って釣りをすると転倒しやすいので、安全上の面からも「水中の移動はゆっくりと」をおすすめします。

4.場所取りは先行者優先

これは、トラブルにもなりかねないので特に注意が必要です。これまで紹介してきた「サツキマスの釣り方」シリーズで色んなサツキマス釣りのスタイルがあることはわかっていただけたと思います。

例1.遡上待ち伏せ一点不動型
例2.付き場だけサーチする。
例3.釣り下る
例4.釣り上る
例5.複合型

 
これはあくまでもルアーマンのスタイル。
フライマンや餌釣師は別の理論による別のスタイルを持っています。

自分が入りたかったポイントに先行者がいる場合、
・その人がどんな釣りスタイルの人か観察し、
・声をかけて、どこなら邪魔にならないか聞いて
それから釣りを始めるようにしてください。狭いポイントだったら特に大事です。

5.対岸の釣り人も先行者優先

川幅が狭いときは特に気遣いが必要です。これも先行者優先がもっとも平等です。

6.車で準備中の先行者も優先

どの辺からどの辺をどう釣りたい(下るか上るか不動型)か聞きましょう。
気合いを入れて前日からの車中泊という人もいますから。

マナーまとめ

なるべく静かにポイントへ近付き、先行者優先で、ゴミを捨てずにサツキマスを釣りましょう。
それだけです。
ただでさえ、釣れない魚サツキマス。焦っても、釣れない魚サツキマス。それだけに出会えたときの感動が、濁りのない澄んだ喜びと成り得るのは、マナーを守ったからこそです。
嫌な思いをせずに釣りを楽しみましょう!

次回はサツキマスの釣り方「アワセから取り込み編」です。

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ 本流・渓流ルアーフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ トラウトフィッシングへ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク